Beliefs

信仰告白

  1. 旧、新約聖書は、それぞれの著者が神の霊感によって記された誤りのない神のことばであって、人間の救いに関する神の御心と神聖を完全に啓示し、すべてのキリスト者の信仰と生活と導きについての唯一絶対の規範である。

  2. 神は唯一であって、万物を創造し、永遠に完全なお方であり、父と子と聖霊の三位一体において永遠に存在される。

  3. イエス・キリストは、その神性において永遠に変ることがなく、聖霊によりやどり、処女より生まれて人となられ、聖書に従って私たちの身代わりとして罪を完全に贖うために十字架にかかって死なれた。主は、死人のうちより甦り、天に上り、父なる神の右に座し、そこで大祭司として私たちのためにとりなしておられる。

  4. 聖霊の働きは、主イエス・キリストに栄光をお与えになり、私たちが地上にいる間、罪を認めさせ、キリストを信じることにより罪人を新しく生まれさせる。そのときに、聖霊のバプテスマによって、信じる者をかしらなるキリストと一体とならせる。聖霊は、私たちの中に住み、助け、導き、満たし、信じる者のためにその生活と奉仕を強められる。

  5. 人は、神のかたちに創造されたが、罪を犯した。それゆえ、全ての人は迷い出たが、ただ悔い改めてイエス・キリストを信じることにより、また聖霊により新しく生まれ変ることによって救われ、信仰の生活に入ることができる。

  6. イエス・キリストの贖いの死と復活を通して、信じる者すべては義と認められ、救われる。イエス・キリストを個人的に信じ受け入れることにより、その人は聖霊によって新しく生まれ、その聖霊によって、購いの日まで証印を押されている。

  7. 主イエス・キリストは、自ら再び来られる。その再臨の主を待ち望むことによって私たちの信仰生活と奉仕を堅く保つことができる。

  8. 主を信じて死んだ者すべての肉体は復活し、主と共に永遠の祝福と喜びに入れられる。しかし、主を信じない者は永遠の刑罰を受ける。

  9. 教会は、救い主イエス・キリストの信仰を通して聖霊により新しく生まれた者たちより成り、かしらなるキリストにあって一体とされている。

  10. 地上の教会は、神が定められた洗礼と主の聖餐の式にあずかることが求められる。しかし、それは救いの手段ではない。

  11. すべて救われた者は、救い主であり王である主を誇り、ほめたたえ、日々の歩みにおいて主を恥じることのないように生活する。これは、間違った教え、罪ある楽しみ、行い、交わりから離れて生き続けるようにと、神が命じられたことである。

  12. 神を礼拝し、信じる者のために仕える天使が存在する。また、サタン、即ち、悪魔であり堕落した天使が存在し、悪魔たちと共に神、神の民、その民の奉仕に敵対する。しかし、その上にあって、キリスト者は信仰に勝利することができる。